Motorcycle Video BLOG 

bikevideo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:暦・季節( 84 )


2005年 07月 01日

太田哲也さんの本

新聞の読書欄に紹介されていたので、新浦安駅ビルのatore有隣堂にその本を注文し、早速買って読んでみました。
a0024834_2315323.jpg

兎に角、重い内容の割には読み易い本でした。
この本の読者層は、今の若い世代、恐らく中学生か高校生低学年辺りに的を絞っているようで、さらっと読み終えました。

軽く読める反面、鏡の様な一面もある不思議な本で、こちらの心の状態で、深くも浅くもなる、そんな本でした。

この本を読んだ後は、他の太田哲也さんが書いた本を読んでみたくなりました。
[PR]

by hmito | 2005-07-01 23:25 | 暦・季節
2005年 05月 16日

気分のいい今朝の天気

今朝は快晴で湿度が低く、少し肌寒い空気が心地良いです。
こういう天気が毎日続くと気分がいいですねー。
[PR]

by hmito | 2005-05-16 07:39 | 暦・季節
2005年 04月 13日

福井で撮影して来た桜の写真です。福井で満開の桜に遭遇したのは今回が初めてです。
綺麗ですねー。
a0024834_2159157.jpg


福井から戻る途中の北陸本線の敦賀駅の小浜線側のホームの写真です。
a0024834_2221164.jpg


何だかほっとする様な風景でしたので撮ってみました。分かれて行く線路は、多分小浜線だと思います。
a0024834_224259.jpg


福井で買った来た本です。地村さんが住んでおられる小浜からそう遠くない敦賀駅を通り過ぎる車中で、地村さんを身近に感じながら読んでいました。拉致問題を扱いながらも、その実家族についての本です。色々考えされられた部分が多い本でした。中高年のお父さん方に読んでもらいたい本です。こういった本を読むと、自分はまだまだ頑張らないといけないなと励まされます。
a0024834_2210665.jpg



1月よりUPしているカウンターが、2000を超えました。こんなスーパーローカルなブログにも来て頂けるお客様有難う御座います。m(_ _)m
[PR]

by hmito | 2005-04-13 22:14 | 暦・季節
2005年 04月 12日

出張

夕方の新幹線で福井へ向かいます。
隣のホームは東北新幹線です。型が違う車両同士が接続されています。途中で分れる為です。東北新幹線のホームは東海道新幹線のホームより随分幅が狭いです。
a0024834_22372123.jpg


新幹線のホームで買った焼肉弁当です。これで1,000円程もします!中身を贔屓にみても価格設定が高過ぎです。如何に利権が重なりあっているか想像出来ます。他で買えばいいじゃないかと言われそうですが、大概は時間の余裕が無い中で買うので、つい手近で妥協です。
a0024834_2242265.jpg


米原で新幹線から北陸本線の特急に乗り換えです。
コーヒーだけは新幹線も特急も300円です。何故同じかな?
写っている本ですが、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』という題名でサブタイトルに“身近な疑問からはじめる会計学”とあります。著者は山田真哉さんという人で、読んでみると面白く、会計の理解の一助にお勧めです。
a0024834_2244613.jpg


ホテルからの夜景です。
雨は多少パラパラしてる程度です。 こちらの方が寒くありませんでした。 桜があちこちの咲いていましたが、咲き始めか散り始めかは暗くて分かりませんでした。
a0024834_2256395.jpg

ちなみにこの書き込みはホテルの有線LANからです。
無線LANはうまく行きました。
福井の事務所でも先程の動作確認でうまく行きました。事務所内でも無線LANだと使用場所が限定されずに出張者の身には仕事し易いです。
[PR]

by hmito | 2005-04-12 22:56 | 暦・季節
2005年 04月 12日

冬に逆戻り?

昨夜ですが、随分気温が下がりました。 雨が余計に寒さを感じさせましたね。 自転車で通勤してますが、傘を差していても体の主だった部分が満遍なく濡れてしまう様な雨模様ではありました。

今朝も気温は大して上がらず、コートを着て出勤と思しき方々も見掛けました。自分は冬物スーツで出勤です。

さて、今日は又々福井迄出張です。 浦安でこんなに寒いのだから福井はもっと寒いのでしょうねー。 春なのにわざわざ寒い地域には行きたくないですが、仕事ですからそんな事も言ってられませんが。

さて、話題は変わって、公衆無線LANに本日初アクセスです。東京駅の新幹線ホームの待合室がアクセスポイントとしてあるので、そこで実際に発車時間待ちの間にやってみたいと思っています。

現在、通信キャリアやプロバイダーとの個別契約しないとアクセス出来ず、比較的安価で日本全国くまなくカバーしたサービスを提供してるとこは見当たらず、未だ過渡期の様です。 ま、実際にやてみないと解らないと言う事で、自宅で使用中の無線LANカードを家の外に持ち出し、比較的安価なプロバイダー(840円/月額)に登録し、本日やってみたいと思っています。

何分にも初めてなのでどうなるかは解りませんが、やってみて初めて解る自分なりの問題も解決が見出せる場合があるので、まずそのレベルから着手です。

現在使用中のPDA(ザウルスMI-L1)に付けて使用中のAir"ですが、何だかんだで使用料が5千円を若干下回る程ですので、これが全て公衆無線LANに置き換えられるのでしたら、交換する価値はあるなと考えた次第。

そしてザウルスも先月発売になったSL-C1000にリプレース出来たらいいなあと不埒な事を密かに思って居たりします(笑)。
a0024834_13312448.jpg

[PR]

by hmito | 2005-04-12 13:14 | 暦・季節
2005年 04月 09日

お花見に行って来ました。

都内の千鳥ケ淵公園の桜を見に行ってきました。
桜の花は未だ一部つぼみの桜の木もありましたが、殆どが満開を過ぎ、散り始め状態で、風が吹くと桜の花びらが舞うといった塩梅でした。
a0024834_19105869.jpg

あざやかなピンク色の桜です。 まさに桜色!といった色合いです。

a0024834_19111158.jpg

お堀に枝垂れているのも、これまた風情があっていいものですね。 同じお堀に垂れる桜では、青森県の弘前城の桜が見応え在ります。 行かれる機会があるのでしたら是非!お勧めです。
a0024834_1911207.jpg

千鳥ケ淵公園の向かい側にも桜並木が少しあるので行ってみます。 そこはイギリス大使館です。 かなり大きな敷地です。
a0024834_19112871.jpg

イギリス大使館前の桜並木道です。 これはこれで風情があり、いいものです。

a0024834_1911371.jpg

イギリス大使館の正門前です。 敷地内には写っている桜以外にも沢山の桜の木が見え隠れしていました。 警官がすぐ傍で勤務に励んでいましたが、花見客が多いせいか、緊張感は感じられませんでした。

a0024834_19114644.jpg

イギリス大使館から少し歩くと国立劇場です。 のんびり歩いていましたら、茶菓子のサービスのお声掛けがありましたので、お呼ばれしてきました。ここも規模は小さいながらも少し変わった雰囲気の桜の木々があり、これはこれでいいものでした。

a0024834_1912582.jpg

国立劇場を後にして又歩き始めますが、写真の右手は最高裁判所です。ここにもご覧の様な桜並木が続きます。

a0024834_19382172.jpg

裁判所を後にして、三宅坂をお堀の方に再び渡ります。 

午前中だけの花見紀行でしたが、こうして爽やかな季節に花を愛でるというのが何だか贅沢なようにも感じましたが、こういった時間を持つ事も必要だなぁとも思いました。 
自分の気持ちに余裕が無いと、中々こういった場所には足を向けないかも知れません。
写真を撮って下さいとも何度か声を掛けられましたが、こういう雰囲気もいいですね。
[PR]

by hmito | 2005-04-09 19:50 | 暦・季節
2005年 04月 07日

そろそろゴールデンウィーク?!

今年のGWはかなりの休みになりそうですね。
a0024834_883178.jpg

昨日、自宅近くの夜9時には閉まってしまうローカルコンビにに発泡酒を買いに行ったついでにこんな雑誌を買って来ました。
行ける行けないは別として、こんな雑誌を居間に置いておくだけで、家の中の雰囲気はちょっぴりGWの気分(笑)。
[PR]

by hmito | 2005-04-07 08:12 | 暦・季節
2005年 04月 02日

入社式

ちっぽけで名も無く、未だ未だ過渡期の我がベンチャー企業もこの春、大卒数名を採用しました。

本社が福井市内にあるので、入社式は福井で行います。
4月1日の午前9時から始まる入社式に自分がしゃべらないといけないシーンがあるので出ない訳には行かず、遥か5〜600キロ先へ向かいます。新浦安から福井へ向かう場合、朝の9時の入社式に出席するには、当日移動では間に合わず、どうしても前日に移動して泊まるしかありません。

新幹線で向かうと米原で乗り換えです。
米原停車の新幹線は1時間に1本のダイヤ設定で、米原に停車するひかり号は他の駅にもあちこち停車するので、乗っている時間が若干多めです。

いつもはそのまま新幹線のダイヤに合わせた北陸本戦の特急電車で向かうのですが、今回はホテルに着くだけでしたので、特急電車には乗らず普通電車に乗ってみました。
a0024834_15315541.jpg

米原から福井迄は特急電車でおよそ1時間程です。
午後5時25分米原発金沢行きの普通電車に乗ってみました。福井到着は午後7時8分。
だから時間的には特急より約40分程余計に乗っている勘定です。

普通電車の車内です。かつての寝台車を改造した作りです。上の膨らみが元のベッド?
発車10分程前にホームに入って来てました。
発車する頃には満員になってました。
普通電車で走り抜けて行く北陸本線ですが、特急電車で通過するのとは全く別な車窓が展開されるのが不思議です。当然ながら各駅に止まり、その度に人の乗り降りがその地域を身近に感じさせます。誰も居ない無人駅も多く、薄暗くなり始めた夕暮れ時が少し寂しく感じさせますが、そんな事を感じているのは、多分自分だけでしょ(笑)。
日も当たらない山陰には未だ結構な雪が残っていました。こういうのは視覚的にも寒さを募らせますね。

ボックス席に一緒に乗り合わせたのは、夕方早いせいもあってか皆女性で、女子高生は30分程で降りて行きましたが、他の女性二人の内一人は自分と同じ福井で降りました。しかし隣に座っていた若い女性は更に先迄乗って行きましたから、皆さん結構長い距離を電車で移動しているものなんですね。
女子高生は降りる迄ずっとテキスト広げて勉強してたし、隣の席の若い女性は携帯メールをずっとやっていましたね。
車窓から見える馴染みの無い風景を眺めるのは結構新鮮で飽きずに見る事が出来ます。
線路に並走する道路って意外とあちこちにあって、そんな道を眺めながら、今度はここをバイクで走ってみたいなどど考え巡らしながら走るイメージツーリングは結構面白いものです。
これなんかは、時刻表を読みながら日本国中旅出来るのと同じかも知れません。

当日は天気も良かったし、気温もそこそこになって来ていたので本当はバイクで向かいたかったのですが、流石に女房からの、『これ以上心配事増やさないで!』の一言であっけなくパス。
我が家の場合は、長男の病気の為、我が女房はまさに戦友状態なので、戦友の言う事はお互い絶対な家庭環境なんです。

バイクで行きたかったもう一つの理由は4月1日から高速道路で二人乗りが可能になるので、それに合わせて乗って行き、どこかのSAで二人乗りのライダー達と取材を兼ねた会話をしたかったというのも若干あったんですが。
a0024834_1531381.jpg

泊まったホテルです。
こういう暖色系の光は冷たさを感じさせないので、明かりとしては蛍光灯より好きです。
今はどうか解りませんが10年以上前にエンパイヤーステートビルから初めて眺めるニューヨークの夜景がとても暖かく感じたのは、街並の街灯が全て白熱灯だったからなんですね。当時聞いたのは電気代が安いからという事でしたけれども。
a0024834_15304034.jpg

この画像は実際に北陸に行った証拠の天気予報の画面です。泊まったホテルのTVから撮りました。

数日間でしたが、個人のHPにもBlogにもアクセス出来ない環境にありましたが、これはこれでたまにはいいかも知れません。

今回の福井行きには入社式以外にもう一つ大事な案件がありました。
それは、社長から福井で働いてみたらどうかという打診に対する自分の回答を伝える事でした。
その大きな理由は私の家庭環境をずっと心配してくれていて、首都圏よりもより自然環境に優れる福井で家族で暮らしたらどうか?というもので、統合失調症の様な病気には良いのでは?という社長の想いでした。

仕事上だけで判断するのであれば、本社機構のある場所で働く方が良いだろうなとは誰もが思うと思います。
我が家の場合は、家族だけの相談だけでは結論は出せず、病院の先生とも調整する必要が出て来ます。しかしそれより以前に、この話を家族にしたところ、誰一人としても賛成ではありませんでした。結果、女房の負荷は増えても自分一人が福井へ単身赴任する事で医者と相談しましたが、医者はその結論に対しては反対でした。

入社式当日の早朝、社長と二人でこの話をしました。家族の想いと医者の話を交互に交えて話をしましたが、家族が離れ離れになるのでは他の家族への負担が増えるので、結果的に息子の病気に良くないという結論で、この話は全くの白紙になり、福井へ移動の話そのものが無くなりました。

話があったこの2週間でしたが、結構悶々としていた2週間でした。
自分だけが福井に行く事で、新浦安の家に義母にしばらく来てもらい一緒に暮らしてもらう話までも進めていました。

帰りの電車の中では、緊張の糸が切れた状況で、車窓を眺めやっていました。
入社式に向かう電車の中では、春先からはこういった環境で暮らすんだなあー、という目で外を見やっていましたが、帰りの電車では同じ景色が全く違って見えるのですから、人間なんて現金なものです。
[PR]

by hmito | 2005-04-02 16:37 | 暦・季節
2005年 03月 29日

カウンセラー費用

精神科医療センターが発行する領収書です。
a0024834_22573597.jpg

その病院の担当医は患者が一緒でない場合でも対応します。
今迄も何度かそういう対応をしてもらった事があります。

この日も患者の父親である自分が、家族と離れて暮らす是非を相談しに病院へ向かい様々な話をして来ました。

話の結末は兎も角も、先生方と話をする事は当然ながら医療行為となり、処方箋を貰う訳ではありませんが、話が終わった後は、こうして診療費用を請求されます。

領収書の中の『精神科専門療法等』なる文言を目にすると、改めて自分の息子が心の病気である事を認識させられます。
[PR]

by hmito | 2005-03-29 16:56 | 暦・季節
2005年 03月 27日

家族会

久方ぶりの家族会出席
a0024834_17365284.jpg

バイクの後ろの写真が浦安市の総合福祉センターです。
普段は平日の午後に開催される事が多いのですが、何ヶ月に一度は日曜の設定をやってもらえるので、なるべく出るようにしています。

家族会。
この家族会は家族に統合失調症を発症した家族の集まりで、病院の治療とは別に定期的に患者の家族だけが集まり状況を話し合う会です。

会の中では50代の自分が若い世代になってしまう程、周りは高齢な親御さん達ばかりです。お子さん方の病気に既に10年も15年以上も付き合っている方々ばかりで、話の内容から伝わってくる想いは、どなたも鉛の様な重さです。

そのお子さん方も既に30代、40代です。

長男は20歳で発症してもう3年経過です。今日の家族会の話では、その3年目が非常に重要だという意見がありました。この病気は担当の医者と薬が合うか合わないかで、その後の展開に非常に落差がある事を多くの方々が口を揃えて仰っていました。

それにしても、皆さんご自分の現在進行形の辛い経験、毎日を皆の為にという一点でのみ話される姿勢には頭が下がります。

極々普通の生活。それが如何に重要で貴重なものである事か。人はそれを失って初めて気付きます。

心身共に健康。これさえあれば、後は大して重要ではないかもしれません。
[PR]

by hmito | 2005-03-27 17:55 | 暦・季節